都会のオアシスを作ろう!屋上の有効活用方法

オフィスビルの屋上緑化

都会はビルに囲まれていて、アスファルトの道路に覆われて緑が少ない環境にあります。ヒートアイランドと呼ばれる現象で都会の気温は上昇傾向にあります。ビルのエアコンから放出される熱がさらに気温を上げている要因ともいわれています。公園などには沢山の緑がありますがそれでも気温の上昇には追いつかない状況のようです。最近のオフィスビルの屋上では庭園が作られていることも少なくありません。オフィスで働く人の憩いの場にもなりますので一石二鳥ですよね。

自宅の屋上も緑で埋め尽くそう

都市部にある住宅もオフィスビルに囲まれているために夏はとても暑いです。最近は自宅の屋上に庭園や畑、花を植えたりする人が増えてきていますよ。個人住宅向けの屋上緑化デザインや施工を請け負う会社もありますので、気軽に自宅の屋上を緑化することが可能になってきているのではないでしょうか。屋根の形が平坦であることがベストですが、傾斜のある屋根にも施工が可能です。屋上を緑化することで直射日光を遮る効果がありますから、家の中の温度上昇を防ぐことができますよ。

屋上緑化がもたらすメリット

限られた都会の土地の中で、屋上を有効活用することはとても理にかなっています。広い屋上をもっている大型オフィスビルは一部を畑にして、野菜を育て収穫しているところもあります。子供連れの家族がその畑で収穫体験をすることができたり、今まで都会の真ん中ではできなかったことが可能になりました。さらにメリットはたくさんあります。都市の景観が美しく保たれることになり、空気も綺麗になりますし、気温上昇を防ぐことになります。

ヒートアイランド現象などを防ぐために屋上で緑を育てることを屋上緑化と言い、つる植物やセダムなどが使われます。